カイロプラクティックの適応症indication

全身頭部・体幹上肢下肢
  • 健康増進
  • 疲労回復
  • 不眠
  • 骨盤矯正
  • 関節機能障害
  • 関節機能回復
  • むくみ
  • 生理痛
  • メンテナンス
  • 頭痛
  • めまい
  • 眼精疲労
  • デスクワーク時の痛み
  • 首の痛み
  • 肩こり
  • 背中の痛み・張り
  • 腰痛
  • 産前・産後の腰痛
  • 殿部の痛み
  • 四十肩・五十肩
  • 肩の痛み
  • 腕の痛み
  • 肘の痛み
  • 手首の痛み
  • 手の痛み
  • 腕のシビレ
  • 手のシビレ
  • 股関節の痛み
  • 膝の痛み
  • 足首の痛み
  • 足の痛み
  • 足のシビレ
  •  ※その他不明な点がございましたらお気軽にご相談ください
    ページトップへ戻る
    ぎっくり腰

     ぎっくり腰は、激しい痛みが腰に突然生じることから、急性腰痛とも呼ばれています。 ぎっくり腰は瞬間的に身体をひねったり、クシャ医をしたり、長時間椅子に座っていたり、物を拾った時などに生じることが多く、 強い痛みのために全身の力が抜けてしまい、動くことすらできなくなってしまいます。
    多くの場合に痛みを発しているのは、筋肉、関節、靭帯、椎間板などでこれらの場所は炎症を伴っています。 ぎっくり腰は偶然に起こったものと思われがちですが、本当はそれまでの積もり積もった原因があるのです。 普段から悪い姿勢や間違った身体の使い方をしていると、知らず識らずに腰には大きな負担がかかってしまいます。 運動不足・睡眠不足や過度のストレスも身体には影響を与えます。 特に日常的な身体をあまり動かしていない方が、長時間の同じ姿勢の後に急な動作を行うと発症することが多いので、 特に腰の筋肉や背骨の柔軟性が少ない方は注意が必要です。
    根本的な原因を解決しなければぎっくり腰は安静にして治ったとしても、また繰り返してしまいます。 一時的に痛みを抑えるだけでなく、カイロプラクティック・ケアは背骨や筋肉の柔軟性を十分に回復させ、 さらに神経の働きを整えることでぎっくり腰の再発防止に有効と言えます。
    痛みが引いた後は正しい姿勢や身体の使い方の指導を行い、予防のために簡単な体操などをアドバイスすることもあります。
    ぎっくり腰は大抵の場合、4~5回のカイロプラクティック・ケアでよくなりますが、 その後に生活習慣や身体のバランスを改善していくことが再発予防には非常に大切なのです。

    ページトップへ戻る

    診療日

    診療スケジュール

    耳より情報

    ブログ・リンク

    スマートフォンページ

    Copyright(C) 2013 古川第一施術院 All Rights Reserved. Homepage design by Furukawa Daiichi.